読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者がCOJするブログ

タイトルそのままです

お久しぶりです。

このブログ作っておいてCOJをやらなくなりはや二年だと思っていたら三年も前らしいですね汗

正直な話SEGAの公認ブログ的なのに当選してシール目当てだったとかなんとか・・・

 

とういうわけでもないですがCOJPがリリースされましたね。

僕としても一番ハマってたいたときの仕様のCOJのちょっと前ってこともあり楽しくプレイしております。

いやぁカードランキングとエージェントランキングが懐かしい顔ぶれですねぇ

巷ではAC勢が大きな顔してるとか全然SRでねーとか言われてますが、正直カードゲームとして見れば金額も安く済みますしゲーム性としても運要素が少なく、構築やプレイングが物を言うカードゲームをやったことある人なら絶対楽しいカードゲームといえます。

まぁ本音の部分を言えば、回線ワンショットや接続問題で関係ないところで負けたりしてる部分や勝ってる部分があるので、なんとも言えないですが。

その辺りは超大手企業SEGAさんに丸投げしておきましょう。

話をCOJPの方に戻しましょう。

<AC版とポケットの違い>

COJPはいくつかのバランス調整が入り1.2環境のカードが1.1環境に入っていたり、PRのカードが調整されていたりと独自とまでは言えませんが特有な環境形成がせれていますね。

中でもノーブルドラゴンヴァイスヘルメスニードルヘルこの三枚はだいぶ違うテイストになっています。

ほかにも、当時とはパラメーターに変更があったりJOKERのコストや内容まで変わっていたりと一概に昔懐かしい環境でJしようとはできないところもあります。

青は残念ながらヒュプノスがでるまでは加護信玄で見るくらいですね。

できない子ほど可愛かったりして青組んでしまうのはあるあるでしょうか

f:id:numa060817:20170119141230p:plain

SEGA

組んじゃうんですねぇ

息抜きにレベコンしたくなるんですよね笑

とは行っても結局ハンデスに寄せるかレベコンに寄せるかもできずにこうなったら両方するかってところに収まるんですよね。

話題がそれました。戻します。

相違点をいくつか書いていきましょう

①ランク帯が違う

先程の青デッキに僕のランクがKとなっていますね。COJのランクといえばCOJがSになるまで

E5~SS1 Dから10段階 J~Kまで4段階その後ACE、JOKER

といったランク制度で僕も実際SS期間は長かったことを覚えています。

つまり現代のCOJSのランク制度がそのままポケットで使われています。エメラルドやブロンズといったランクは旧来通りJoker K R Q Jになっていますが。

その為昔よりランクは上がりやすい感覚です。今やってる人もなにか違和感があったら多分このせいでしょうね。何よりJに入ればそれより下には降格しませんので、ガンガンランク戦に潜ることができます。

②カードについて

流石にレアリティに変更はありませんが、携帯で遊べることになり交換機能は廃止されました。そもそもターミナルが使えませんもんね。

そのかわりにシャドウバースやハースストーンと言ったスマホカードゲームの先駆者が実装していた生成・分解があります。

この機能は、前述のカードゲームと違うところがあります。それは値動きがあります。

株でも始めたのか?って思うのかもしれませんが、COJ最大の特徴と言ってもいいDOBの存在が有りますね。

DOBとは、カードの使用率によって毎週一回程度変動しますね。まだプールが少ないので変わったからと行ってデッキが変わるとはなりませんで新パックが追加されるまでほぼSRや有力VRなんかは、ほぼこのOPを維持する可能性があります。

侍などはOP1ラインを残しているため今後0ポイントになる可能性がありますが。

では、値動きとは何か?ここまで書いてあるのでわかる方はいらっしゃると思いますが、OPのポイントに連動してカードの生成ポイントが変動します。

SRは1ptで6000

VRは3500

Rは1700

UCは600

C300

この数値でPack1のカードは変動していきます。ベーシックも変動はしますがそこまでの高価なカードではないため省略します。

値動きするからなんだーって思うかもしれませんがこちらを御覧ください

 

結構な差がでますね。今人気の不動明王なんかはOPが1ですので買いどきなのかもしれません。

VRなんかには必要なカードも多いので安い時に買うのがいいでしょう。

今(1/1914時現在)だと聖天使ニケ心眼のナギなんかはOPついているので狙い目ですね。

 

③リセマラ

結局課金する人も多いと思いますが、ACではやる意味がなかったリセマラができます。

現在課金パックを20ほど配布しておりリセマラでマーヤと魔法石を出せれば課金額はぐと収まると思われます。

 

と、色々偉そうに書いてきましたが、やはり運要素をできるところまで排除したカードゲームを楽しくいろいろな人にプレイしてみんなでわいわいやって行きたいですね!